このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 050-3623-4141
《電話受付時間》平日 09:30-18:30

貴社だけの集客方法をカスタマージャーニーワークショップで明らかに。

「動画がいいと聞いて動画を作ったけど反応がない」
「LINEを始めたけど効果が出ない」
「何をしていいかわからない」...

集客面でお困りの皆さま、まずはその原因を
カスタマージャーニー・ワークショップで分析してみませんか?

こんな悩みはありませんか?

  • 新規顧客の獲得方法がわからない...
  • LP?マーケティングオートメーション?SEO?
  • 動画を作った方がいいの?
  • 製品の良さをどう伝えていけばいいかわからない...
  • LP?マーケティングオートメーション?SEO?

カスタマージャーニーワークショップなら
見込み客獲得や集客の方法が明確になります。

カスタマージャーニーワークショップとは

"カスタマージャーニー”とはその商品・サービスを購入または利用する理想的な顧客像(ペルソナ)を設定し、その行動や思考、感情を仮説・分析し、認知→検討→購入・利用へ至るストーリーと接点を時系列で捉える手法のこと。
その"カスタマージャーニー"をワークショップ形式でお届けすることで、チーム内で顕在化していないアイデアやヒントを洗い出し、チームの合意形成を取りながら具体的なアクションプランを策定することができます。

カスタマージャーニーとは?
こちらのコラムでも詳しく解説しています

カスタマージャーニーとは?

「カスタマージャーニー」とは、設定した顧客像(ペルソナ)が、実際に商品やサービスの利用にいたるまでの、行動・思考を分析するマーケティング手法のことです。

カスタマージャーニーマップとは?

「カスタマージャーニーマップ」とは、顧客が特定の商品を認知し、関心を持ち、購入検討を行い、実際に購入するまでのプロセスに沿って、各段階で発生するであろう感情や行動、不満ポイントなどを時系列に沿って書き出していったものです。

カスタマージャーニーマップとは?

「カスタマージャーニーマップ」とは、顧客が特定の商品を認知し、関心を持ち、購入検討を行い、実際に購入するまでのプロセスに沿って、各段階で発生するであろう感情や行動、不満ポイントなどを時系列に沿って書き出していったものです。

カスタマージャーニーワークショップの進行例

Step.1
ペルソナの設定
ペルソナの設定を始めます。ここでのペルソナとは貴社の製品・サービスを購入する、もしくはターゲットの代表的な顧客像を設定します。
Step.2
顧客行動の可視化
予めスタート地点(サービスに出会ったなど)とゴール地点(購入した、利用した後など)を設定した上で、各顧客の行動を可視化します。ここが一番楽しく、ワークショップも盛り上がります。
Step.3
各ステータスの設定
顧客行動が出たら、その顧客行動を大枠でくくり、ステータスとして名前を付けます。
Step.4
顧客接点の抽出
顧客行動を元に、Webサイトやメールなど貴社とどのような接点があるかを各ステータスごとに抽出します。
Step.5
感情変化の考察
顧客行動と顧客接点において、ペルソナの感情変化を仮説します。嬉しいときは上に、不満があるときは下に表示させ、ペルソナが言っていることを言語化します。
Step.6
課題の整理とアクションプランの策定
感情変化を中心に違和感のある部分を課題として定義し、アクションプランを検討します。アクションプランはリストアップした上で、「いつまで誰がどのように行うかを明確化」して、ワークショップをラップアップします。
Step.2
顧客行動の可視化
予めスタート地点(サービスに出会ったなど)とゴール地点(購入した、利用した後など)を設定した上で、各顧客の行動を可視化します。ここが一番楽しく、ワークショップも盛り上がります。

弊社のカスタマージャーニーワークショップの特長

▶ 顧客の行動が見え何をするべきかが明らかに
お客さまはデータだけでは可視化できません。ペルソナを立て、行動を可視化することで、どのようなストーリーで貴社製品・サービスに至るのかが明らかにできます。
▶ 参加メンバーのコミュニケーションが向上
ワークショップを通じディスカッションをすることで、チーム内のコミュニケーションレベルが高まります。
▶ アウトプットは具体的なアクションプラン
課題の明確化と具体的なアクションプランの策定を成果物とすることで、参加者のコミットメントと合意形成を獲得し、施策がスムーズに開始できます。
▶ アウトプットは具体的なアクションプラン
課題の明確化と具体的なアクションプランの策定を成果物とすることで、参加者のコミットメントと合意形成を獲得し、施策がスムーズに開始できます。

【オンライン】カスタマージャーニー・ワークショップ

リアル開催さながらのカスタマージャーニーワークショップをオンラインで実施可能!
オンラインホワイトボードツール"miro"とZoomを使ってのオンライン形式なら、リモートワーク間での実施も可能!

※"miro"はGoogle Chromeでのアクセスが必要です。

クライアント様の事例

2ヶ月で自社サービスへの入会者数を約15社獲得!
税理士法人 古田土会計 様

カスタマージャーニーワークショップを実施後、自社サービスへの契約社数は約50社でしたが、2ヶ月弱経った現在は65社ほどに契約社数を伸ばすことができました。またチーム内で「誰に何を届けるか」という思考が浸透し、合意形成が早くなるなど、社内コミュニケーションも活発になりました。
事例1

何をするべきかが明らかになりました
セルベスト化粧品 様

お客様を獲得し契約まで至る一連の流れを学び、色々な施策やターゲットを決めて効果的なアプローチをすれば、自分たちのサービスはもっと世の中に広められると確信しました。
事例2

何をするべきかが明らかになりました
セルベスト化粧品 様

お客様を獲得し契約まで至る一連の流れを学び、色々な施策やターゲットを決めて効果的なアプローチをすれば、自分たちのサービスはもっと世の中に広められると確信しました。
事例2

カスタマージャーニーワークショップ お申し込みの流れ

STEP
1
お問合せフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください。
STEP
2
お打ち合わせで貴社の課題をカウンセリングし、目的やゴールを整理・ご提案します。
STEP
3
お申し込み後、当日の準備物などのご説明をいたします。
STEP
4
開催後2~3営業日以内に当日のレポートを提出いたします。
STEP
2
お打ち合わせで貴社の課題をカウンセリングし、目的やゴールを整理・ご提案します。

ワークショップ・ファシリテーター

CX Value Lab代表取締役
廣瀬隆彦
グロービス経営大学院大学 卒業(経営学修士/MBA) 
現エイベックス株式会社やグローバルレストランチェーンなどのマーケティングを経て、株式会社メルカリに入社、MBAを学びながら、デザイン思考や顧客起点によるカイゼンなどに従事。
"マーケティングで社会は良くなる"の想いを持ち、カスタマージャーニーワークショップを通じて、顧客経験価値の向上による企業の成長をサポート。これまで実施したカスタマージャーニーワークショップは50件以上。

ご料金 *1回あたり

33,000円(税込)
【含まれるもの】
ワークショップ内でのファシリテーション(3時間)
オンラインホワイトボードツール"miro"利用料
終了後のレポート

※オフラインでの開催の場合の交通費は別途実費ご請求いたします。

よくあるご質問

Q
ペルソナはどう設定したらいいですか?
A
ワークショップの目的やゴールにはよりますが、基本的には貴社サービスを最も売りたい顧客像で設定すると効果的です。
Q
オンラインで開催可能でしょうか?
A
オンラインでの開催の場合はオンラインホワイトボードツール"miro"をご利用頂きます。ワークショップ時でのご利用は無料です。
Q
福岡県外も対応可能でしょうか?
A
オンライン開催ですので、ネット環境さえあれば全国対応可能です!
Q
PCの推奨環境は?
A
Windows/Mac問わず、インターネットにつながった状態で、Google ChromeとZoomが利用可能であれば問題ありません。ただし、貴社のセキュリティレベルによってはmiroやZoomがご利用できない場合もありますので、詳しくはシステムご担当者様へご確認ください。
Q
カスタマージャーニーワークショップはリアルでも開催可能でしょうか?
A
はい、開催可能です。リアルで開催する際は、1800x1200mm以上のホワイトボードもしくは壁が必要となります。なお、オフラインでの開催の場合は別途交通費を頂いております。
Q
オンラインで開催可能でしょうか?
A
オンラインでの開催の場合はオンラインホワイトボードツール"miro"をご利用頂きます。ワークショップ時でのご利用は無料です。

資料請求・お問い合わせ

まずは資料をご請求ください ▶▶
お気軽にお問い合わせください ▶▶

CX Value Lab株式会社

〒819-1117 福岡県糸島市前原西4-5-28-2F
TEL 050-3623-4141